冬の大古本市出品本 その8 dessin「書肆ユリイカの詩集」



こちらは書肆ユリイカから発行された詩集、各冊。
安東次男、山本太郎、飯島耕一など、さまざまの詩人の作品をいくつか取り揃えています。

” 冬のたそがれです。美しい誤謬犯しつつ、僕らはしかも、行かなければならない。”

と謳う洋画家山本鼎の嫡子、山本太郎の詩集。接続詞の柔らかさが心に響きます。
表紙に使われた山頂の写真、水平に置かれたフランス語の美しい装本です。

『山本太郎詩集』
山本太郎 著 大岡信 編集解説 書肆ユリイカ 1957年 ¥6,000+税

ほかに、ユリイカから発行された真鍋博のイラストレーション集もご紹介。



『真鍋博漫画集 寝台と十字架』
真鍋博 著 ユリイカ 1958年 ¥18,000+税
機知に飛んだユーモア、綿密に描かれた線と余白が印象的です。

(dessin)