萩書房 福音館絵本特集のお知らせ

萩書房のセール期間は終了し、店頭200円セールは撤退しましたが、 店内の福音館の絵本の展示は1月31日のイベント終了まで引き続き陳列してお ります。 (なお店頭は平常の100円台に戻っております。) ★「福音館の科学シリーズ」 1たねのりょこう ウェバー/滝沢海南子訳 初版ビニカバ帯 1968 1500 2恐竜の世界  ハーバート・S・ジム/ジェームズ・G・アービング画 初...

>> 詳しくみる

1月15日〜31日まで恵文社一乗寺店「3冊500円セール」のお知らせ

年末年始、たくさんのお客様に「ま冬のブックハンティング」および当店の「冬の大古本市」にお越し頂き、ありがとうございます。 1月5日にガケ書房さんの「絵本だけの古本市2」が、6日には恵文社一乗寺店「冬の大古本市」、萩書房さん「福音館の絵本・児童書フェア&良品200円店頭セール」、迷子さん「『赤い鳥』(復刻版)放出フェア」が終了いたします。 のこすところ、コトバヨネットさん「珈琲飲...

>> 詳しくみる

冬の大古本市出品本その12:コロンボ “ESKIMO REALITIES”

おそらくこれまでの「冬の大古本市」最多年出品者さんであるコロンボさんより届いたのは、一見真っ白に見えるカバーのエスキモーの本。表紙を光に照らすとエンボス加工されたタイトル文字が浮かび上がります。 エスキモーたちのつくる伝統工芸品や、生活文化、風習までをご紹介。 素朴なスケッチも満載され、その生活の様子がよく伝わってきます。パッケージも含めて雪の中の暮らしを表現し...

>> 詳しくみる

冬の大古本市出品本その11:dessin “STIG LINDBERG”、”EIN BUCH IST WIE EIN FREUND”

以前も古本市にご参加いただいたことのある東塔堂さんの姉妹店でもある中目黒のdessinさんより、今年の目玉となりそうな稀覯本をご照会いただきました。 "STIG LINDBERG" 42,000円(税込) まずはスティグ・リンドベリの貴重なビジュアルブック"STIG LINDBERG"。作品だけでなく、アーティスト自身のポートレイトやスタジオの様子まで紹介した類書のない1冊。造...

>> 詳しくみる

「冬の大古本市 2013-2014」がはじまりました

今年も始まりました、冬の大古本市。2003年にスタートし、気がつけば今年で10周年。少しずつ参加メンバーも変化しながら、期間限定の古本店をプロデュースするつもりで続けてまいりました。 新生アンフェールになってから最初の古本市は、近年まれに見る充実ぶり。オープンと同時にたくさんのお客様で賑わいました。 今年の参加面子は、100000t、コロンボ、ロスパペロテス、コンコ堂、...

>> 詳しくみる

冬の大古本市出品本その10:口笛文庫 植草甚一サイン本ほか

こちらは神戸は六甲にある古書店「口笛文庫」さんからです。 まだ比較的新しいお店ですがその品揃えは素晴らしく、そのセンスやお店づくりに魅せられる古書愛好家は数知れず。まだ若い店主によるセレクトを会場でも存分にお楽しみください。今回は貴重なサイン本2点のご紹介です。 ・植草甚一氏旧蔵本 サイン・イラスト入り 『HOT TO TROT』 JOHN LAHR  KNOPF 197...

>> 詳しくみる

冬の大古本市出品本その9:シマウマ書房

こちらは、名古屋でとても素敵な古書店を営むシマウマ書房さんです。ここ数年こちらからの是非という希望に応えて、連続で参加頂いていますが、今年はどんな本が届くでしょう。スタッフも楽しみにしています。以下、シマウマ書房さんからのメッセージです。文中にあります『なごや古本屋案内』もこの機会に会場で是非ご覧ください。 冬の大古本市、いつも楽しみにしております。 今年は、独特のデザイン...

>> 詳しくみる

萩書房 絵本出品情報第一報

絵本出品情報第一報 ●のうさぎのブルー[世界傑作絵本シリーズ21] 初版ビニカバ帯/少染み/21*23cm・36p 福音館書店 1964  3000円 ●りすのパナシ[世界傑作絵本シリーズ22] 初版/ビニカバにシワ有り/帯/少染み/20*23cm・36p 福音館書店 1964  3000円 ●かものプルッフ[世界傑作絵本シリーズ23] 初版ビニカバ帯/少染...

>> 詳しくみる

冬の大古本市出品本その8:ロスパペロテス『安井かずみの作詞教室』ほか

ここ数年、常連でご出品いただいていますロスパペロテスさんから、おすすめ本を複数ご紹介いただきました。(以下テキストはロスパペロテス野崎さん) 『安井かずみの作詞教室』 安井かずみ/光村図書 zuzuこと安井かずみの女性としての生き方に関するエッセイ集は多数出版されていますが、こちらは本業の歌詞の創作について語り尽くした一冊。 「私の作詞作業の本当のところを活字にするのは、...

>> 詳しくみる

冬の大古本市出品本その7:ぽかん編集室『昨日の眺め』刊行のお知らせ

「ぽかん編集室」は「M堂」、「歩希書房」、「古書柳」、「固有の鼻歌」というメンバーで「冬の大古本市2013-2014」に参加します。古本好きにはお馴染みの4組です。 また、参加を記念して、ぽかん別冊『昨日の眺め』を発行します。散文+目録という2部構成で、B5版、48ページ、カラー、700円という体裁です。1部の散文には12名に執筆いただき、目録は4組の出品リストを掲載しました。 『...

>> 詳しくみる