冬の大古本市出品本その9:シマウマ書房

こちらは、名古屋でとても素敵な古書店を営むシマウマ書房さんです。ここ数年こちらからの是非という希望に応えて、連続で参加頂いていますが、今年はどんな本が届くでしょう。スタッフも楽しみにしています。以下、シマウマ書房さんからのメッセージです。文中にあります『なごや古本屋案内』もこの機会に会場で是非ご覧ください。





冬の大古本市、いつも楽しみにしております。
今年は、独特のデザイン、本の佇まいが魅力的な80〜90年前の古いスペインの洋書や、産地直送といっていいでしょう、名古屋の町の古本屋として、師走のこの時期に走り回って出張買取で仕入れてきたばかりの“新鮮な”古本まで、ジャンル・年代を問わず、バラエティ豊かな良書をお届けしたいと思っております。(まさに今、バタバタと荷造りさせていただいているところです!)

また今回は、この秋に刊行しました『なごや古本屋案内』も置かせてていただきます。名古屋市内を中心に、愛知・岐阜・三重県の50軒の古書店を取材してまとめた、古本屋めぐりのための案内本です。堀江敏幸さんや諏訪哲史さん、浅生ハルミンさんなど、東海地方にゆかりの作家さんなどによるエッセイも多数収録し、読み物としても楽しんでいただける内容になっておりますので、ぜひこの機会に手に取っていただけたら嬉しいです。

(シマウマ書房店主)